GBC山梨 公式ブログ

Good Beer Club Yamanashi

ホップの摘み取り体験と畑のビアガーデン限定開店



日時     2013年8月11日(日) 10:00~15:00
参加費    2000円(ビールを飲まない人は1000円)
場所     山梨県北杜市五町田  (地場さんの畑です)
準備     日よけ対策、汚れても良い服装、軍手等 
内容     ホップの摘み取り

摘み取り後は、
        ビールの苦み、香り、泡立ちを左右する
        ホップの毬花を解体して、その実態に迫ります。
        それを五感または六感で確認してから
        地ビール(タッチダウン)をじっくり味わってもらいます。

        ドイツではビールの原料は麦芽とホップと水だけです。
        麦芽の原料になるのはビール麦(二条麦)です。
        北杜の畑で試験栽培し、この初夏に収穫した
        ビール麦もご覧頂きます。
        麦芽にしたい、という方にはお分けします。

        北杜は名水もたくさんあります。
        本物の地ビールづくりに興味のある方のご参加を
        お待ちしています。

9月8日


スタッフTシャツ-3-1




第二回目の甲府朝市+マルシェに、+地ビールという事で私達GBC山梨は、地ビールに関連する所をお手伝いさせて頂きました。
天気予報では、雨、というなかで天候を心配しながらのスタートでした。
幸いにも、雨は降らず蒸し暑さが感じられる程でした。
10:00開始、14:00時位までは人の流れもゆるく、買い物や、朝から1杯!の方も色んな方々と話をしながら
土曜の昼間を楽しまれた様です。


GEDC1540-1



                                                 続

楽しい、美味しい、ホップ摘み

 昨日の、嵐とは変わって静かな朝でした。
4月14日のイベントは雨になってしまいましたが、今日は大丈夫! でしょう。

朝、8時に集合。
ターフの設置、テーブルの位置あわせ、天婦羅、ピザ用のコモの設置、食材は?飲み物は?と
10時からの開始にあわせて作業開始。

18-1-1


そろそろ、開始の10時です。
今日の、流れの打合せを終え、大体決まった所にUTYさんも来てくれました。取敢えず準備 OK!
参加者も集まり始めました。

18-2-1


18-3-1
   




                                       続

ホップ摘みのご案内

4月のイベントからそろそろ4ヶ月が経とうとしています。
6月に予定していた麦刈りが雀軍団に先を越され、収穫量の減少と刈り取りイベントの中止に至ってしまい
ました。
今度は、そうゆう伏兵に会わずにと願いつつ、今月18日にホップの収穫イベントを行う事を予定致しました。


日      2012年8月18日
時間     10:00~
費用     1000円  お昼代等です。
場所     山梨県北杜市五町田  (地場さんの畑です)
準備     日よけ対策、汚れても良い服装、軍手等 
内容     ホップ摘み取り
        ホップの葉を使った草木染の体験
        ホップの味見(天婦羅、生、等)
        ホップとビールの良い関係のお話・・・・等々。
おまけ    昨年、この畑のホップを試験的に使用た麦酒を作った、タッチダウンの
        ビールを楽しんで頂けます。    

        案内図

地場さんのホップ畑案内図-2



内容

先ず、ご挨拶致します。

次に、ホップやホップの摘み取り方を、説明致します。

次に、実際に作業に入ります。

    ①            高く伸びた弦を切り落とします。
   

DSC_0094


    ②            ホップを摘み取ります。

   DSC_0024

    
    ③            葉を、摘み取ります。
    
DSC_0022


    
    ④            ホップの試食
    ⑤            葉を使った草木染体験
    ⑥            等々


麦雑穀工房

チョッと足を伸ばしてきました。


今日のドリンクメニューです
ドリンクメニューボード-1


 先ずは、雑穀ヴァイツェンです。
このお店の看板ビールです。
華やかな香りとフルーティな味わい。
小川町産有機小麦・自家製のライ麦・キビ・アワが奏でる複雑な穀物感を楽しめるビールです。
冨士桜高原麦酒のヴァイツェンと比べると、ライ麦等の雑穀からでしょうか、ちょっともっちりとした
飲み心地です。
雑穀ヴァイツェン-3


夏の小川(ペールエール)です。
夏の小川(ペールエール)-3


おがわポーターです。
小川ポーター-3


ファーマーズエール(六条大麦)です。
ファーマーズエール(六条大麦)-2


南高梅エールです。
南高梅エール-2


梅雨明け

 7月17日、関東甲信地方の梅雨が明けました。
 ホップ畑のある北杜市高根町五町田では
八ヶ岳や南アルプスなど、周囲の山々も一日中、
スッキリとした姿を見せてくれました。

DSC_0094


DSC_0110


 梅雨明けで気温は急上昇、農作業をしながら聞くラジオからは
午後0時20分までに、群馬県の館林市で37・3度(午後5時、39.2度)、
東京でも八王子市が36・3度(同、37.5度)となり、
日本列島が真夏の太陽にさらされている様子が
次々に伝わってきます。

 夏が暑いのは当たり前。暑いから夏なのに、暑ければ暑いと騒ぎ、
気温が上がらなければ、上がらないと騒ぐ。
人間の都合のいいようにばかりはいかない、と思うのですが。

 山梨県内でも大月(同、37.4度)、甲府(同、35.7度)が真夏日。
北杜市でも最高気温が32.7度で真夏日になりましたが、
日陰に入ると噴き出ていた汗がサッとひいていきます。

 冬には寒さばっかりを運んでくる八ヶ岳おろしも、
夏はさわやかな高原の涼しさを惜しげなく運んでくれます。

 昼食の後は昼寝のお時間。傍らのラジオを子守歌代わりに
聞きながら、全身を包み込むやさしいそよ風を肌で感じながら、
これに地ビールを飲みながら、が加われば、の話ですが、
それはそれはもう、もう至福のお時間となるのです。

 8月18日の土曜日の午前10時から、ホップの収穫を行う予定です。
なにもおもてなしはできませんが、興味のある方はおいで下さい。

DSC_0111


 草取りばかりでしたが、きょうも一日終わりました。
明日も晴れです。

最新コメント
アクセスカウンター

記事検索